こんにちは!森本石材のホームページ・ブログを御覧いただきありがとうございます!

本日は前回に引き続き、津和野町寺田/曹洞宗・K寺様の墓地にてM家様の累代墓石の建立工事に入らせていただきました。

前回ご紹介させていただいきました、墓石の基礎工事から3日目になり、基礎もしっかり固まりましたので本日は墓石本体の建立になります。

クレーン車や三脚が搬入出来ない現場ですので、4人掛かりでお墓を建てていきました!

DSC_0028[1]

 

下の写真を御覧下さい。この度のお墓には「蓮華座」がついてます。上から2段目の花のような形をした部分のことですね。

名前の通り、蓮華の花をかたどっています。

何故蓮華の花なのかと言いますと、蓮華はお釈迦様がその上で瞑想している絵が描かれたことなどから「極楽浄土」の象徴とされているからです。

そして何より見た目が豪華になりますので、好まれて「蓮華座を付けたお墓にして下さい」と言われるお客様もおられます。

さらにM家様のお墓は下の段の石にも蓮華加工を施した「上下蓮華加工」と呼ばれる高級加工になります!

DSC_0029

墓石本体の建立後はお墓の周囲をモルタルで打設致しましたので今日の内はモルタルが乾くまで墓地に入れません。なので本日はここまでの工事となります。

次回は墓誌と灯籠を設置し、土間に伊勢砂利を敷き工事完了になります!またご紹介させていただきます!

 

昨日ご来店いただきました

出雲市ご在住/N家様 益田市内霊園 1区画のご予約、誠にありがとうございます!