こんにちは!森本石材のホームページ・ブログにお越しいただき誠にありがとうございます!

本日5月26日は津和野町の数ある名所の中でもひときわ知名度の高い乙女峠にてお仕事をさせていただきましたのでご紹介させていただきます。

本日の森本石材ブログは下記の工事をさせていただいた私!森本健介が担当させていただきます。

 

津和野名所・乙女峠とは明治の始め頃に弾圧を受けたキリシタン殉教者を追悼するために昭和26年に建てられた「マリア聖堂」また、聖母マリアが降臨された地とも言われる場所です。

下の写真で見るように当店がいつも建てているようなお墓は在りません。では一体ここで何の仕事をしたの?と言いますと…..。

S_8020355557420

 

下の写真の石碑、実は左下の「森口てる」さんと刻まれているお名前、正しくは「森てる」さんが正しいお名前なんです(^-^;

いわゆる彫刻ミスですね . . . .。巡礼に来られた森内さんの子孫の方から間違えを指摘されたそうです。

そこで大変困った乙女峠を管理されているカトリック津和野教会の神父さんから何とか文字を修正できないでしょうか?とご相談をいただきました。

S_8020371363336

 

石に刻んだ文字は消して彫り直すことはできません。なので私共も常日頃から絶対に間違えが無いように最大限の注意を払いながら文字原稿の作成・文字の彫刻をさせていただいております。

しかし!やはり人間のすること、絶対に間違えないなんてことはありえませんよね(^-^;

そこでこういった「口」→「内」など軽微な間違えであれば修正できる技術も実はあります!

そして修正作業を行った結果が下の写真です↓

どうでしょう?少々違和感は在るかもしれませんけどぱっと見修正したとはわからないのではないでしょうか?

Image_a9b93ca

 

方法としましては専用のパテで一度文字を埋め立ててパテが乾燥したら専用のペンシルグラインダーで少しづつ彫っていきます。

今回は文字の型などありませんので完全にセンスと手先の器用さのいわゆるプロの技で「口」を「内」にしていきます!

1527231284067

作業完了後には神父さんにも確認をしていただき、こんなに綺麗に修正できるなんて驚いた!本当に安心しましたととても喜んでいただけました(^^♪

この様に石碑やお墓の文字を間違えて彫ってしまっている方は実は結構おられます。一見修復不可能に思うことでも森本石材の多彩な技術で何とかなるかもしれません!お困りの方は是非一度ご相談下さい!

是非また森本石材のホームページ・ブログにお越し下さい!

 

本日は益田市の曹洞宗/宗兼院様より僧侶墓建立工事のご注文を頂きました!

また津和野町のA家様より墓誌追加彫刻のご注文を頂きました。A家様は以前に当店でお墓を創らせていただいた管理既存客様になります。

皆様誠にありがとうございます!

 

平成30年5月26日 (有)森本石材 森本健介