こんにちは!森本石材のホームページ・ブログにお越しいただき誠にありがとうございます!

 

本日11月13日は先日より工事に入らせていただいております、津和野町高峯のH家様の累代墓石の建立工事に入らせていただきましたのでご紹介をさせていただきます!

前回は旧墓石・墓所の解体をさせていただきましたので本日からいよいよ基礎工事に入っていきます。

 

まずは整地からです。土手状になっていた建立地を重機でおおよその整地をしておりましたので、小石を退けたり凸凹を慣らしたりとちょっとした微調整をしていきます。

 

整地が完了しましたら地盤補強用の砕石を敷き、地面を転圧でしっかり固めに固めて型枠を設置していきます。

施主様も気になって畑仕事の合間に人数分の珈琲をて持って見に来て下さいました!珈琲ごちそうさまです!

 

そしてこちらがコンクリート打設中の様子です。何故かカメラ目線のコウスケ、真面目に仕事しろよ!

生コン車に来てもらって、当店自慢の特注生コンバケット付きの運搬車で生コンを搬入していきます。

今回の打設生コン量は0.8㎥です!

ちなみに真ん中に型枠を入れて穴を空けているのは、この穴が墓石建立後には納骨室になるからです。

生コンを型枠内に流し込みましたら、バイブレーターでコンクリート内の空気を抜いてより密度の高いコンクリートなるようにします!

後はあらかじめ設定していた高さにコンクリートの高さを整えて水平にしていきます。

 

コテを当てている後頭部が最近寂しくなってきた石頭を撮ろうとしましたら、後ろから撮るな!と怒号が飛んできましたので仕方なく前からのショット!

 

この後は生コンが乾くまで中に異物が入らないようにシートでしっかり養生をして本日の工程は完了です。

コンクリートがしっかり固まるまで数日養生をしますので、H家様の工事の続きはまた後日、工事を再開し次第ご紹介をさせていただきます。

 

是非また森本石材のホームページ・ブログにお越し下さい!

 

平成30年11月13日

(有)森本石材 森本健介