こんにちは!森本石材のホームページ・ブログを御覧いただきありがとうございます!

本日は現在津和野町曹洞宗・S寺様の墓地で累代墓石建立工事に入らせていただいているK家様の旧墓所の解体工事に入らせていただきました!

旧墓所は木々の生い茂る山の中に在り、お参りやお掃除がとても大変な場所でした。

新しく他所にお墓を新設しますので、旧墓所からは墓石も外柵も全て解体撤去し更地にして管理者であるお寺様に土地をお返しいたします!

下の写真は墓石を撤去し、コンクリート製の納骨室と外柵をコンクリートハンマー(通称・ピック)を使用してハツっています。

DSC_0611

全て解体・撤去し綺麗に更地になりました!

DSC_0614

社寺管理地である墓地をお返しする時は原則的に更地にしてお返しするのがルールです。

よく、お寺の中に御当家のお墓が建っている場所を自分の家の土地だと思われている方がおられるようですが、社寺管理地は個人で売買出来ないことになっています。許可を得た時にいくらかの金銭的お支払があったのであれば墓地使用許可に対する(お布施)であり、売買契約に対する代金ではありません。ですから、墓石を撤去する場合は綺麗に更地にし、元の状態に復元することがお約束となっております。

間違って墓地の管理者に言わずに他の人に墓地を売却してしまった!なんてことが無いようにお気を付けください!

本日 益田市赤城町/U家様・佐賀県産 唐津天山石での洋型累代墓石建立工事の御注文を頂き誠にありがとうございます!

施工時期は6月頃となりそうです。お待たせいたしますが、スタッフ一同万全を期して準備し取り組んでおります!

今しばらく お待ちください。