こんにちは!森本石材のホームページ・ブログにお越しいただき誠にありがとうござます!

 

本日は先日より工事に入らせていただいております、益田市の曹洞宗・養光寺様の合同墓の工事に引き続き入らせていただきましたのでご紹介をさせていただきます!

 

前回までに基礎工事はバッチリと出来ておりますので本日はいよいよ石工事に入っていきます!

ですがまずは石部材を現場まで搬入しなければなりません . . . 。

場所の都合上毎度同じく「手運び」で部材を搬入していきます!

 

 

やっとこさ部材を搬入しましたら、いよいよ据付建立工事に入っていきます!

ここからは当店自慢のカートクレーンが大活躍です(^^♪

手作業では中々難しい微調整もクレーンのおかげで正確かつ安全に据え付けることが出来るんです!

 

外柵(黒い石)の位置と高さを調節しましたら芝台(白い石)を設置していきます。

芝台は墓石の最も重要ともいえる部分です。この石を水平かつしっかりと設置しなければ上に据え付ける石もしっかりと据えられません。

なのでここは完璧に設置するべく、芝台マイスターを勝手に自称する私が施工させていただきます!

 

外柵・芝台の設置が完了しましたら、中に砕石(クラッシャーラン)を詰めていきます。

隙間なく砕石を詰めることで土間の沈下を防ぎます。

そして石と石との結合部分にはい石材用耐震ボンドのコーキングを施していきます。これで接着も耐震も安心!!(もちろん金具で固定もしております)

 

本日の工事はここまでです!石屋としてはここまでを基礎工事と呼んでおります。次回の養光寺様・合同墓建立工事はいよいよ本体の据え付けに入ってまいりますので、おおよその形が出来ていく予定です!

一旦別の工事現場に移りますが、来週後半頃に再開させていただく予定ですのでお楽しみに!待ってて下さい!

 

近頃はホームページ・ブログを見て県外からのお客様からも多くのお問合せをいただいております!

お墓や、石工事などでお困りの方は是非お気軽にお問合せ下さい!

 

是非また森本石材のホームページ・ブログにお越しください!

 

平成30年11月9日

(有)森本石材 森本健介