こんにちは!森本石材のホームページ・ブログに毎度ご来店いただきまして誠にありがとうございます!

業務の森本康介です(^^)

暖かい日が日に日に増えてきて、いよいよ春のお彼岸ですね!

お彼岸は「春分の日」「秋分の日」を中日として前後3日を合わせた7日間の事を言いますよ☆

昨日3月17日は1月に累代墓石建之工事が完工しておりました津和野町日原のF家様の開眼・納骨法要に立ち会わせていただきましたのでご紹介させてください!

F家様のお墓は当一押しの佐賀県産唐津天山御影を使用させていただいた8寸和型カロート式の大変立派なお墓をお創りさせていただきました(^^)

いよいよ開眼法要です!

開眼法要とは御仏像やだるまさん等に最後に目を書き込み入魂して完成することから「眼を開ける」開眼となったそうですよ!

旦那寺であります津和野町河村の曹洞宗・法泉寺方丈様に執り行っていただきました!

F家様は昨年の9月にお父様がお亡くなりになり、これまでの個人墓から一家の累代墓にしようとお考えになり、当社がご親戚様のお墓をさせていただいていた事もありこの度のご縁をいただきました。

とっても良い石を使用させていただき、精一杯丁寧にお創りさせていただきました。

ありがとうございます。南釈迦牟尼仏・南釈迦牟尼仏・南釈迦牟尼仏・・・

F家様から、すごく綺麗!いいのが出来て良かった!と喜びのお声も聞かせていただきとてもうれしかったです(^^)

これからもお客様に喜んでいただけるよう精進して参ります!

ご愛読誠にありがとうございました!

(有)森本石材・業務/森本康介