こんにちは!森本石材のホームページ・ブログにお越しいただき誠にありがとうございます!

本日11月12日は津和野町の某墓地にて、お墓終いの工事に入らせていただきましたのでご紹介をさせていただきます。

 

この度、当店にてお墓終いの工事をさせていただきましたI家様は、現在隣県の山口県にお住まいです。

以前は津和野に住まれており、お墓にも定期的にお参りすることが出来ましたが現在は生活を完全に山口県に移されておられ津和野にお墓参りに来ることも難しくなってきたことからこの度のお墓終いのご相談を頂きました。

 

まずはお墓終いに着工する前の「閉眼法要」の様子になります。写真では分かりませんが、実は結構な雨が降ってまして焦って撮った写真ですので大変分かり難い写真ですみません(^^;

写真は曹洞宗/S寺の方丈様がお経を上げられて、I家様ご夫妻がお焼香をされている様子になります。

法要後にはお墓からお骨をお出しさせていただき、綺麗にお骨壺を掃除させていただいき梱包させて頂いただきました。後日、お寺様の合同墓へ納めさせて頂きます。

 

 

閉眼法要を終えましたらいよいよ工事開始です!一旦全ての墓石をバラバラに解体させていただき、部材ごとに仕分けていきます。

仕分けた石部材は綺麗なキューブ状になるようにセンス良く墓所の隅に積んで固めます。

経験とセンスが問われる作業でして不慣れな者が手掛けると大変不格好になってしまいます。

 

こちらはコンクリート製の納骨室を斫(ハツ)って解体している様子です。墓石工事用の石をも粉砕する電動ハンマードリルでガンガン解体を進めていきます!

 

そして工事完了後になります。とってもスッキリしましたね!

お墓終いにはこの様に現地で固める方法と、当店で引き取らせていただく方法と基本的に2パターンの形式があります。

「自分の家のお墓を終いたいが、どのようにすればいいのか分からない!」といったお悩みを持たれている方は、是非一度森本石材にご相談下さい!

これまでに百件以上のお墓終いを手掛けてきた、経験豊かな森本石材のスタッフがお客様の状況に合ったベストなご提案をさせていただきます!

 

是非また森本石材のホームページ・ブログにお越し下さい!

 

本日は津和野町日原のI家様より「墓所移設工事」のご相談をいただき、益田市のA家様とO家様にご来店いただき「累代墓石建立工事」のご相談をいただきました!

毎日多くのお客様よりお問合せ・ご来店をいただいております!誠にありがとうございます!

 

平成30年11月12日

(有)森本石材 森本健介