こんにちは!森本石材のホームページ・ブログにお越し頂き誠にありがとうございます!

本日5月12日のモリモトブログでは津和野町の左鐙にて累代墓石の建立工事に入らせていただきました、K家様の工事をご紹介させていただきます!

 

K家様の墓所はご自宅の敷地内に数十基のご先祖様方々の個人墓が2か所に分かれ建っている状態でした。

この度の工事では下の写真の場所を整地させていただき、累代墓石を建てさせていただくといった内容となります。

まずは着工前に遷座法要をお寺様に執り行っていただきます。一基一基全ての墓石に丁重にお経をあげていただいておりますのは、真宗大谷派/鎮蔵寺のご住職様です。

 

遷座法要後にはご先祖様方々の墓石を解体させていただき、この様に一ヵ所に綺麗に整理させていただきました。

ご自身の土地である場合に可能な解体整理の方法となります。

 

続きましてお墓を建てる土地の整地・造成に入っていきます。重機が入る場所ではありませんので手作業で造成していきます!私が日頃からプロテインを飲みまくって鍛えまくっているのはこういった人力作業をするためです!アスリートが試合の為に練習するのと同じですね!

赤土質の少々柔らかい地質ですのでしっかりと捕盤用の砕石を敷き詰めて地固めを施していきます!

 

続きまして基礎コンクリート工事です。しっかり強固で密度の高いコンクリートになるようにバイブレーターと叩きでしっかりと空気を抜いております!

ここを軽んじると型枠を外した時に表面が穴だらけだったり、最悪の場合ヒビ割れクラックの原因となる事もあります。

 

高密度にする工程の次は表面の仕上げです!どうでしょうかこの滑らかな仕上がりは?

コンクリが乾燥し固まった後にはツルッツルのさぞ美しい基礎が出来上がっていることでしょう。

 

 

基礎コンクリートを打設して数日養生致しました。いよいよ石工事に入ってまいります!

やはりここでも人力で建てていきます。下の写真の施工スタッフが持っている墓石は一見あまり重たくなさそうに見えるかもしれませんが、200kg近い重量があり普通に持とうとしても持てる重量ではありません。しかしコツをつかめば多少力が無くても持ててしまうようになるのです。こればかりは言葉で説明するのは難しいですね(^-^;加えて私の様に強靭な筋肉があれば尚良いでしょう👍

 

お墓・石部材を据付けましたら、目地入れ等仕上げに入ってまいります。実はここが一番の腕の見せ所でして、器用さと緻密で神経質な性格を併せ持っていないと中々綺麗に仕上げる事が出来ません。我々石屋の間では「目地の仕上げを見れば上手いか下手か実力がわかる」と言われています。もちろんモリモトはバッチリ綺麗に仕上げます!

 

 

そしてついに完成です!綺麗でバランスの良いお墓が完成しました!一緒に写っていただきました施主様も大変ご満足いただけたご様子でした(^^♪

 

御納骨の仕方や各箇所の説明等もしっかりとさせていただきました<(_ _)>

この度のK家様のお墓はモリモトオリジナルデザイン墓石/ザ・Ms 使用石材は外国産の中でも人気の高い良質な中国産福州石AG-98を使用して創らせていただきました。

K家様、この度は当店にご用命を賜り誠にありがとうございました。また先日の予想外に暑かった日にはお飲み物を差し入れていただき施工スタッフ一同大変喜んでおりました。ご縁を頂きましたこと重ねてお礼申し上げます。

 

 

 

こちらはK家様が飼育されている山羊さんです。繋いでおけば届く範囲の草を綺麗に刈り取ってくれるそうです(^^♪

一家に一頭!あなたのお宅にもいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

是非また森本石材のホームページ・ブログにお越しください。

 

令和2年5月12日

(有)森本石材 森本健介