ハイスペック ストーンマスター モ リ モ ☆ ト のホームページをご覧いただきありがとうございます!

コロナ禍も国内では終息に向けての兆しがやや見え始めてきてるようで、演劇コンサートやスポーツ観戦でも入場制限が緩和されつつある本日9月20日のブログは益田市横田町で昨日完工いたしましたF家様累代墓石工事の様子をご紹介させて下さい。

施主様は長らく帰属社寺の『納骨堂』でご先祖様をお弔いされてこられたそうですが、残念な事に今年ご祖母様をお亡くされたことが大きなきっかけとなり『これからは一家の墓石を造りお参りしていこう』と当店にお越しいただき社寺様の墓所を確保。

この度のご縁となりました。お任せ下さい! 島根西部一番店と身内と社員の中で噂されているモリモトのプライドにかけて

ご期待を上回るカッコいい『お墓』お造りさせていただきます!

 

工事は墓所内に基礎ベースのコンクリートを打設するための型枠を設置するところから着工です。

基礎となるコンクリートを丁寧に打設してまいります。

コンクリートを数日間養生しバッチリ固りましたら、いよいよ据え付け建込工事となります。

行 く ぜ ー !

巻き石と呼ばれる外柵の設定を行います。ヤリ状のキャンパーで『立てり』と『レベル』の微調整をし外柵下部に水気の少ないモルタルを入れ下地と外柵部材を一体化させてまいります。石と石との接地部分には角々にアンカーボルトの穴を空け『Ⅼ字状『の金具でガッチリ接合してまいります。

『芝台』と呼ばれる基礎石の設定です。重量物である墓石本体を永年屋外での風雪の中で支える重要な作業です。

いざとゆうときに『頼れるヤツ』 小型キャリー登場! 大きな故障もなく20年使用しております!

元は取ったぜ!

 

現地はご覧のようにクレーン車両などは使用できません。当店自慢のヒューマンパワーで建込工事を進めてまいります。

 

作業も終盤となりました。本体周りに敷石を敷き詰めていきます。雨水勾配を考慮し慎重に作業を進めてまいります。

 

ご覧ください。完成です! 本体左に『法名碑』本体手前右側には『物置台』を設置。参道部分には滑り止め加工を施した敷石を敷き詰めました。墓石本体と法名碑は外国産黒系御影石を使用し外柵には一式白系御影石を使用頂き見事なコントラストとなった次第です。

お施主F家様この度は大変お世話になりました。ご注文より数カ月お待ち頂いての工事となりましたがバッチリの仕上がりと自負するものでございます。どうぞ末永く御弔い頂きたく存じます。また、寺領内での工事となりお寺様にもお世話になり大変恐縮でございます。皆様 ありがとうございました!

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 ………

当工事をもちまして 秋彼岸迄の完工お引き渡しは終了。

次工事からは年内完工お引き渡しとなります。モリモト バキバキで行きます!

 

毎度当ブログでも度々取り上げさせていただいておりますが、ここ数年いわゆる『お墓終い』と呼ばれる墓所解体整理工事が

大変増えてまいりました。

そこで当店は今後の作業工程を踏まえついに新型斫りドリルの導入を決定いたしました!

モデルはさておき、ヒルティーTE2000です! (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

これまでは同社TE700で対応しておりましたがパワー不足は歪めず場合によっては油圧式ハンドブレーカーをリースしながらの斫り作業となっておりました。

ご覧下さい。このデカさ……

大きさの割には軽量で使い勝手もバッチリ。

固い御影石も粉砕可。パワーの差は歴然です。動力の関係で発電機も別途購入となりましたが(w.w.w…)これで作業効率の大幅UPが期待できそうです!

斫り機2台に穴あけ用ドリルと3機のヒルティー製品を使いこなすモリモト。 THE Mr、ヒルティスト!

島根県代理店 ㈱ナギラさんの車はなかなかのロックンローラー

なんかいいものがないか物色中であります。

営業担当 浅野さん丁寧なご説明ありがとうございました!

このブログを御覧いただいている皆様で業務用電動器機の導入をお考えの方がいらっしゃいましたらヒルティ製品をお勧めいたします。プロ本ちゃん使用でお値段は少々張りますが、パワーと使い勝手、耐用年数は他社の比ではありません。

メンテナンスも親切丁寧なアフターフォローで好評な代理店㈱ナギラさんがバッチリ対応していただけますよ。

 

本日は秋彼岸前の日曜日ということもあり津和野本店、益田支店共に多くのお客様よりご来店、お電話等を頂きました!

また、メールなどでもお問合せを頂戴しております。

皆様 本日も当店をご愛顧頂き誠にありがとうございます。   合 掌

代表取締役    森 本 修 久