こんにちは!森本石材のホームページ・ブログに毎度ご来店頂きまして誠にありがとうございます!

業務の森本jrコウスケです(^^)

本日6月10日は三隅町湊浦墓苑にてK家様の累代墓石建之工事に入らせていただきましたのでご紹介させて下さい!

前回までの工事の様子はこちらです↓

浜田市三隅町k家様墓石工事着工!

前回までに基礎工事が出来ておりますので今回はいよいよお墓の建之になりますよ!

まずはお墓の一番下の部分にる芝台の設置です(^^)

芝台にはアイバというクロスした金具を石と石との接続部に溝を作ってはめ込んでいます。これにより耐震性バッチリの強固なお墓になります☆

K家様のお墓はカロート式という地上に納骨室があるお墓になります!

納骨室になる柱石、扉石、壁石と組んでいきますよ!

重量のあるスラブ「天板」は三脚を使用して慎重に設置を行います。

クレーンが使えないところではこの三脚が大活躍です(*^^*)

カロート「納骨室」が出来ようやく本体の据付に入りますよ!

三脚で慎重に据えながらミリ単位で位置を合わせていきます☆

蓮華座、竿石と水準器で水平レベルをバッチリと合わせながら据えて無事に建之です!

最後に石と石との隙間の専用ボンドによる目地入れや供物台の設置などの仕上げをしていきますよ(^^)

当社自信作の8寸和型/カロート式・石種は当社人気NO.1の佐賀県産唐津天山本御影石をご用命いただいた立派なお墓!見事に完成です!

 

今日は当社ならではの細部にまで施された 工 夫・こ だ わ り をご紹介させて下さい!

まずは納骨室の部分から!

・芝台・天板は角をなくして逆R面を取り豪華に仕上ています☆

・墓石本体を支える柱石は7寸角柱を使用し強固で見栄えある重心バランスに優れた構造となっております☆

・換気口は納骨室内の湿気や結露などを防いでくれます☆

・納骨室の扉です☆

止めの鍵石を外すと女性の方でも安易に開けやすい観音式の扉となっており、お掃除もしやすく納骨室を清潔に保つことが出来ると好評を得ております!

・墓石本体はもちろんの事、花立等も豪華な銀南面仕上げでございます!

角が丸く優しく見え、石の良さが引き立ちとてもカッコいいです!

・メインの竿石は竿頭を四面すべて丸く仕上げる四方丸頭型を定番としております☆

一般的には二方丸頭型と呼ばれる二方面を丸くしたお墓が多いい様ですが、四面を丸くすることで豪華さもあり、バランスの取れたカッコいいお墓になります(^^)

↓当社「四方丸」      ↓例他社「二方丸」

ここまでが当社の標準的な和型カロート式のスタイルになります。

K家様は昨年末に長年連れ添われた最愛のご主人が残念な事にお亡くなりになり、新たに墓地をお求めになる際、当墓地の管理者様より『お墓を作るんならモリモトが一番きれいに仕事をするし、絶対モリモトが良いよ!』と進めて頂いたとの事でこの度のご縁となりました。

K家様!無事に素敵なお墓をお創りさせていただきましたよ!

 

本日もご愛読ありがとうございました。

(有)森本石材/業務・森本康介