こんにちは!森本石材のホームページ・ブログにお越しいただき誠にありがとうございます!

本日10月17日の森本ブログでは、益田墓地公園にて夫婦(めおと)墓の建立工事に入らせていただきましたY家様の工事をご紹介させていただきます!

 

ここは益田市下本郷町の益田墓地公園です。国道から金色の観音様像が見える益田市で最大規模の霊園になります。

まずは基礎の打ち直しから始めていきます!この墓地は既にコンクリートが打設されておりますが鉄筋等の骨材が入っておらず、いささか強度に不安が残りますので安心してお墓が建てられるようにまずは既存の基礎を斫って解体し、しっかりとした基礎を打ち直させていただきます!

 

基礎はコンクリートの厚さよりも地固めが一番大切です!既存の基礎を斫り解体した後は、捕盤用のクラッシャーランを敷いて転圧プレートで満遍なく地固めを行っていきます。一番肝心要なところですので石頭自ら転圧を行い、地面の固まり具合を確認しております。

 

地面がしっかり締まりましたら型枠を設置し、もちろん鉄筋をバッチリ組んでからコンクリートの打設を行っていきます。

ここでも当店の万能型運搬車・力石君は大活躍です(^^

 

密度の高いしっかりとしたコンクリートになるようによく叩いて中の空気を抜いていきます。

水平もバッチリとってお墓が綺麗に据え付けられるようにコテで慣らして仕上げます!

 

コンクリートを打設後しっかり固まるように数日養生をしましたら、いよいよ石の据え付けを行って参ります!

まずは外柵を仮組して、それぞれの石部材の高さをバッチリを合わせていきます!

どれだけ綺麗に基礎を仕上げても必ず少しの誤差が生じますので、下の写真の様にそれぞれの部材に水平器を当てて調整致します。下地の隙間にはモルタルをしっかり詰め込んで基礎と密着して固まるように致します。

 

外柵・納骨室の設置が出来ましたら、墓石本体の建立を行っていきます!

森本石材/益田市支店・展示場の前に使用していない時はいつも設置されているカートクレーン(カニクレーン)で慎重に据え付けていきます。

 

そしてこちらが工事完了後になります!シンプルですがバランスの良いデザイン墓石が完成しました(^^♪

この度創らせていただきましたY家様のお墓は夫婦墓になります。娘さんたちは皆嫁がれており、後々自分たちのお墓の世話をしてもらうのは大変だろうとのことから、生きている間に夫婦で入るお墓を建てようとお考えになり、この度のご相談をいただくに至りました。

お墓に彫刻する文字も「ある日ある時」と奥様のたってのご希望で彫刻させていただきました。

私は一瞬小田和正さんの歌が頭に浮かびましたがちょっと違いました。

昔から撮り溜めていた娘さん達の子供の頃からの写真を入れているアルバムにこの言葉が綴ってあったそうで、お墓を建てる時にはこの言葉を入れたいと常々と考えておられたそうです。

Y家様もこれで一つ安心していただけることと思います(^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

是非また森本石材のホームページ・ブログにお越し下さい!

令和元年10月17日

(有)森本石材 森本健介