こんにちは!森本石材のホームページ・ブログにお越しいただきありがとうございます!

もう終盤に差し掛かった10月は和風月名でいうところの「神無月」です。全国の八百万の神様達が出雲に集まり会議を行うために神社を留守にするとの言い伝えからそう呼ばれています。私共の地元である島根県に限っては「神有月」と呼ばれます。

私は生粋の島根県人でありながら数日前までそのことを忘れており、何とか今月中に出雲に参拝に行かなければ!と思っていましたが、調べてみると旧暦の10月に神様が出雲に集まるとのことだそうです。現在の暦でいうところの11月の後半とのことなので今からゆっくり計画を立てようと思います。

 

本日10月28日のモリモトブログでは、近年増加傾向の見られる「お墓終い」の工事を2件と1件の入佛法要ご紹介させていただきます。

まずは毎年行多くの行楽客が足を運んで見に来る紅葉も見頃を迎えようとしている益田市匹見町にてお墓終いの工事をさせて頂きましたJ家様です。

墓所は現在誰も住んでおられな旧宅の裏に在りました。施主様は遠方で生活をされており、おそらくは今後こちらの家で生活することはないだろうとのことで今回のお墓終いをご決断されました。

 

 

まだ建てられて十年程の新しいお墓ですので基礎コンクリもしっかりしていました。

先月購入したスイスの高級工具メーカー「HILTI」製の電動ハツリ機が早速活躍しています!バリバリ働いて早く元を取ってくれ!!

 

この様にお墓の形跡を残さず綺麗に解体・更地にしてJ家様のお墓終いの工事完工です(^-^
お墓に納められていたご先祖様のお骨は現在お住いの地で新たな墓所に納められ、これからしっかりと守っていかれるとのことです。

J家様、当店にこの度のご用命を賜りまして誠にありがとうございました。

 

 

続きまして先月益田市横田町の浄土真宗本願寺派/正法寺様の墓地にて累代墓石の建立をさせて頂きましたH家様の入佛法要が先日執り行われましたのでご紹介させていただきます。

H家様は今までお寺の納骨堂にご先祖様方のお骨を納められておりましたが、やはりどうしてもお墓を建てたいと望まれてこの度のお墓のご相談を頂くに至りました。

当店のお客様の中でも比較的にお若いご家庭のお客様ですがしっかりとお墓の守りをする意識を持たれており、私共もお引渡しまで気持ちよくお仕事をさせて頂くことが出来ました(^^

当店にお仕事を賜りまして誠にありがとうございました。

 

最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございます。

是非また森本石材のホームページ・ブログにお越しください。

 

専務取締役/森本 健介